ワオ・コーポレーションは、学習塾運営をはじめとする教育事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。

感動を創造する取り組み2

感動を創造する取り組み1へ

感動を創造する取り組み3へ

心揺さぶるアニメで、感動を世界へ発信!

長編アニメーション映画

日本が世界に誇るエンターテインメントの一つ、アニメーション。もともと子どもたちに親しまれていたアニメという手法に、実写に近い表現を取り入れ、世代を超えて心に響く映画を製作。代表取締役社長自らが監督脚本を務め、ひたむきに生きる人物を描いた作品は、国内はもちろん世界でも高く評価され、数々の映画祭で賞を受けています。

西澤昭男の世界

NITABOHNITABOH

NITABOH

「人まねでない自分の三味線を弾け!」江戸から明治への大転換期。過酷な運命の中でひたすら自分を信じ、津軽三味線を生み出した人物、仁太坊の生き様を描きだします。

【受賞歴】
第10回ソウル国際アニメーションフェスティバルSICAF2006(韓国)
【長編映画部門 グランプリ】
第11回リヨン・アジア映画祭(フランス)
【観客によるベストアニメ映画賞1位】
第7回リール・ツー・リアル国際青少年映画祭(カナダ)
【世界の子どもたちが選ぶベストピクチャー賞】

詳しく見る(webサイト)

ふるさと-JAPAN

ふるさと-JAPAN

昭和31年、まだまだ貧しかったけれど、日本人がいきいきとしていた時代。東京の下町で童謡を歌い継いでいこうとした若い女性教師と子どもたちの間に結ばれる “魂の絆” を映します。

【受賞歴】
第12回リヨン・アジア映画祭(フランス)
【アニメーション部門1位】【子ども映画部門1位】

詳しく見る(webサイト)

8月のシンフォニー

8月のシンフォニー

日本中を魅了した“路上の天使”川嶋あい。「歌手になる」母との約束を果たすために単身上京。路上ライブからわずか1年半で大きなステージに立った、実話をもとにした“キセキ”の物語です。

【受賞歴】
第15回リヨン・アジア映画祭(フランス)
【アニメーション部門2位】【子ども映画部門3位】

詳しく見る(webサイト)

上記アニメーション映画3作品は、世界の映画祭で上映された 西澤昭男 監督・脚本作品です。他にもさまざまな映像コンテンツをエンターテインメント事業部で企画・制作しています。

ページ先頭に戻る