ワオ・コーポレーションは、学習塾運営をはじめとする教育事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。

プレスリリース

【ワオ!】東大生ブログ、始めました。 ワオ!のネット家庭教師「東大オンライン」、東大生講師による「授業振り返りブログ」公開中。 ~学び感動カンパニーWAO!ワオ・コーポレーション~

2010/12/10

ワオ!のネット家庭教師「東大オンライン」(http://netkatei.wao.ne.jp/)では、指導している東大生講師による授業振り返りブログを開設しました。

「東大生講師 授業振り返りブログ」
コチラ→http://blog.wao.ne.jp/netkatei/?cat=3

授業でどのような問題を扱ったのか、どのように生徒とコミュニケーションをとりながら授業を進めているのかなど、日頃の授業の様子や東大生講師の想いが詰まっています。
ぜひ、ご覧ください!


東大生講師が語る!
「東大オンライン動画チャンネルは」コチラから↓
http://www.youtube.com/user/waonetkatei#p/u


【ワオ!のネット家庭教師 東大オンラインについて】
株式会社ワオ・コーポレーション(本社:大阪市北区、代表取締役社長:豊嶋貴秋)は、6月7日(月)よりインターネットを使った全く新しい家庭教師サービス「東大オンライン」(http://netkatei.wao.ne.jp/) にて在宅型家庭教師サービスをスタートしました。

「東大オンライン」は皆様のご自宅のパソコンや当社が運営する全国のAxis各校と渋谷指導センターとをインターネットで結び、現役東大生が講師となりマンツーマンで学習指導するサービスです。アノトペンをはじめとした最新のICT技術を活用することで、直接ご自宅へ伺う家庭教師とは一味違った指導を特長としています。

ポイント1「手書き」というアナログを大事にしたネット指導

ICT技術を活用して行う東大オンライン。しかし問題を解く場面では、紙に「手書き」をします。それは、慣れ親しんだ学習方法である「手書き」というアナログ的な感覚を、大事に考えているからです。そのために活用するのが、アノトペンです。ちょっと不思議かもしれませんが、特殊なノートに専用のペンで手書きした文字は、超小型カメラで読み取られ、デジタルデータとして先生側のPCに送信されます。先生と生徒がこれを共有することで、生徒がノートに書いた解答を先生は確認でき、先生の書く図や文字を生徒は見ながら学習することができるのです。

ポイント2 課題提出 → 受講 → 復習 確実に力のつく学習リズム

東大オンラインは、指導前に必ず課題を提出した上で、学習に臨みます。そして先生は、生徒が提出した前回の課題をチェックしてから、授業に臨みます。つまり、先生は生徒の弱点を事前に知り、生徒は先生に教えてもらいたいポイントを整理した上で、それを克服するために指導を受けますので、指導時間に無駄がありません。このため1単位40分の学習時間が、非常に集中したものになり、効率よく学習を進めることができるのです。

ポイント3 しっかりサポート<渋谷指導センター>

通常の家庭教師ですと実際に講師がどういう指導をしているかは事後の報告書を確認するまで把握できません。東大オンラインでは、講師はすべて指導センターで授業を行うので、リアルタイムでの指導状況を把握することができます。従って、指導終了後は、その場で指導反省を行っています。そして、次回の指導にどう活かすか、ポイントを確認しながら毎回の指導を進めています。

最新のシステムと現役東大生の指導、心強いサポートで、ネット家庭教師の新しい時代が始まりました。ご期待ください。

ワオ!のネット家庭教師 東大オンライン:http://netkatei.wao.ne.jp/
株式会社ワオ・コーポレーション:http://www.wao-corp.com/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ワオ・コーポレーション 東京本社
eラーニング事業部(担当:北原・三岳)
email: netkatei@wao-corp.com
東大オンライン

ページ先頭に戻る