ワオ・コーポレーションは、学習塾運営をはじめとする教育事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。

教育

ワオの長編アニメ映画『NITABOH 仁太坊―津軽三味線始祖外聞』が追手門学院大手前中学校で上映され、400名の中学生が監督挨拶&映画を楽しみました。

2012/12/27

『NITABOH』監督・脚本の西澤昭男による監督挨拶

2012年12月25日、株式会社ワオ・コーポレーション(本社:大阪市北区、代表取締役:西澤昭男)製作の長編アニメ映画『NITABOH 仁太坊―津軽三味線始祖外聞』が追手門学院大手前中学校(http://www.otemon-js.ed.jp/)で上映されました。

午前9時、終業式を翌日に控えた中学1~3年生約400名が講堂に集合。作品に込められた思いや制作過程など、監督挨拶に耳を傾けました。

当社代表の西澤昭男が監督・脚本を務めたこの作品は、2004年に劇場公開されて以来、海外の映画祭で多数受賞。江戸から明治への大転換期を舞台に、過酷な運命の中でひたすら自分を信じ、津軽三味線という新たな奏法を生み出した仁太坊の生き様を描いた本作は、世代や国を超えて人々の心を捉えています。

追手門学院大手前中学校は、中高一貫の教育を通して"志"を大切にされています。自分の"志"をもって豊かな人生を歩むための力を育てたい、という思いは「人まねでない自分の三味線を弾け!」という『NITABOH』のメッセージと共通します。

参加した生徒の皆さん、そして先生方からは、「何かを築き上げていくことの素晴らしさと同時に、どれほどの努力が必要かを感じた」など、たくさんの感想をいただきました。

追手門学院大手前中学校では今後も、毎年1本ずつワオのアニメーション映画が上映される予定です。

◎『NITABOH 仁太坊―津軽三味線始祖外聞』公式サイト
http://www.nitaboh.com/

◎DVDのお求め/オンデマンド視聴は「ワオショップ」より
http://shop.wao.ne.jp/

『NITABOH』監督・脚本の西澤昭男による監督挨拶
長編アニメ映画『NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞』より
長編アニメ映画『NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞』より

ページ先頭に戻る