ワオ・コーポレーションは、学習塾運営をはじめとする教育事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。

プレスリリース

ワオ・コーポレーション、開研究室(東大)、アニモが知育アプリを使った親子対話研究を開始

2013/10/10

株式会社ワオ・コーポレーション(本社:大阪市北区、代表取締役:西澤 昭男)と、開(ひらき)一夫教授研究室(東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系、東京都目黒区)、株式会社アニモ(本社:横浜市中区、代表取締役:服部 一郎)は、子どもたちの発育に役立つ親子対話を研究する目的で、株式会社ワオ・コーポレーション開発の知育アプリ『タッチ!あそベビー』に「親子対話研究」コンテンツを搭載し、iOS/Androidのスマートフォン・タブレット向けに10月1日配信を開始いたしました。


●「親子対話研究」とは
・大人が子どもにかける声かけは子どもにどんな影響があるのか?
・その時、子どもの行動に何か変化はあるのか?
・子どもにとってのスマホ・タブレットの効果的な活用法は?
など、保護者とお子さまとの間で交わされる言葉や声かけ(親子間コミュニケーション)が、お子さまの認知的発達や活動にどう影響しているかを、開一夫教授研究室および株式会社アニモ主体で研究します。結果を社会に還元し、子どもたちのより健やかな発育と発達に役立てる研究です。研究成果は東京大学「赤ちゃんラボ」サイトにて公開します。

【各組織の役割】
・研究代表者:開一夫教授(東京大学)
・共同研究者:木村晋太(株式会社アニモ)
・対話データの分析:開一夫教授研究室、株式会社アニモ
・対話データのクラウドによる収集:株式会社アニモ
・親子対話アプリケーション開発:株式会社ワオ・コーポレーション

※子供への声かけ音声やアプリ操作履歴等の対話データは記録され、利用者の同意の上、クラウドにアップロードされ、研究に活用されます。

本研究は独立行政法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業(CREST)の研究課題「ペダゴジカル・マシン:教え教えられる人工物の発達認知科学的基盤(研究代表者:開一夫(東京大学)、共同研究者:株式会社アニモ、東京学芸大学、東京工業大学、慶應義塾大学)」の一環として行われています。
●『タッチ!あそベビー』とは
生活シーンへの興味を広げる働きかけを行うことを目標に作られた、0歳から使える未就学児向けのアプリです

アプリ名: タッチ!あそベビー
料  金:ダウンロードおよび研究用コンテンツ無料
対象年齢: 0歳~
対応端末:iOS..........iOS4.3以上のiPhone、iPod touch、iPad
     Android.. Android2.2以上のスマートフォン、タブレット
URL  :iOS版(App Store)
     https://itunes.apple.com/jp/app/id634212248?mt=8
     Android版(Google Play)
     https://play.google.com/store/apps/details?id=com.waocorp.asobaby&hl=ja

iPhone、iPod touch、 iPad、iTunesはApple Inc.の登録商標です。AndroidはGoogle Inc.の商標です。

自発的に手指を使う遊びができる時期に、音、形、色の変化を体験する「感覚遊び」を通して周囲のことを学んでいくことができます。 リモコンを押すマネ、ぬいぐるみに食べさせるマネなど、マネは成長に大切な好奇心の表れです。また、語彙が増えてくると、お子さま自身が「おいしいね」「食べたね」と共感を求める言葉を使ってくるシーンも増えます。
身の回りの遊びや生活習慣など興味づけの声かけに役立てていただきたいアプリです。

【親子対話研究用オリジナルパック 「わくわくたっち」】
研究用パックには、全9種類の無料コンテンツを搭載しています。
『タッチ!あそベビー』内には、「わくわくたっち」以外にも、「はじめてたっち」「いろいろたっち」「おりょうりたっち」「がっきでたっち」「できたよたっち」等、様々なパックが搭載されております。

『タッチ!あそベビー』は、知育アプリ『ワオっち!シリーズ』のベビー版です。

『ワオっち!シリーズ』は、親子コミュニケーションをコンセプトに、幼児期に必要な5つの力、「知力」「感性」「表現」「自律」「就学基礎」に沿って複数のアプリをお届けし、80万ダウンロード※を突破しました。親子で安心して使っていただけるキッズ学習ゲームを、これからも提供してまいります。
※コラボアプリを含む、2013年9月時点のシリーズ累計ダウンロード数
◎ワオ知育アプリ 『ワオっち!シリーズ』公式サイト:http://waochi.wao.ne.jp/
------------------------------------------------------------
【タッチ!あそベビーに関するお問い合わせ先】
株式会社ワオ・コーポレーション
幼児教育開発推進室 ワオっち!開発チーム 鶴谷(つるたに)・檜谷(ひのきだに) 〒530-0015
大阪市北区中崎西2-6-17 WAO第1ビル
TEL:06-6377-1995
FAX:06-6377-0185
問い合わせメール:waochi@wao-corp.com
------------------------------------------------------------
【開一夫教授研究室について】
開一夫教授研究室では人間の認知・学習・コミュニケーションの「仕組み」を明らかにするため、乳児から成人まで幅広い年齢層を対象とした調査・研究を行っています。
たとえば、親子間コミュニケーション・社会的認知の脳内メカニズムと発達・人工物やメディアの人間への影響といった研究プロジェクトが稼動中です。
開一夫教授研究室http://ardbeg.c.u-tokyo.ac.jp/
赤ちゃんラボhttp://babylab.c.u-tokyo.ac.jp/
------------------------------------------------------------
【アニモについて】
音声技術で社会を元気に
-アニモは音や音声をキーテクノロジーとしたソフト・サービスのソリューションカンパニーです。
◆社会・産業インフラ分野
スマートフォンなどの情報端末、家電、防災・安全情報システム等、生活・業務のあらゆる情報システム向けに、音声合成・音声認証・音声信号処理技術を提供
◆コールセンタ分野
音声のもつ「言語面(意味そのもの)」「非言語面(声質、テンション)」の2つの側面に注目し、通話録音・音声検索・音声分析技術でコールセンタ運営の高度化を促進
◆医療福祉分野
視覚・聴覚や発生に障碍を持たれた方々に、音声技術でご支援。失語症リハビリ、音声合成技術による会話支援、発声検査など、人に優しい音声技術を提供
◎アニモ コーポレートサイト http://www.animo.co.jp/
------------------------------------------------------------
【ワオ・コーポレーションについて】
Education & Entertainmentを事業領域とし、幼児から社会人までを対象とした総合教育事業とエンターテインメント事業を展開しています。
◆教育事業/全国37都道府県に教育事業の直営本部を設置し、能開センターや個別指導Axisなどの教室指導学習サービスを展開
◆オンライン学習事業/「ワオ!のオンライン家庭教師」「ワオスタディー」「ワオっち!」等、指導やコンテンツを提供
◆エンターテインメント事業/長編アニメ映画をはじめとするコンテンツ制作
◆文教ソリューション事業/大学等の教育機関へキャリア教育・運営サポートを提供

◎ワオ・コーポレーション コーポレートサイト http://www.wao-corp.com/
『タッチ!あそベビー』アプリアイコン
『タッチ!あそベビー』アプリ画面
『タッチ!あそベビー』アプリ画面
『タッチ!あそベビー』アプリ画面
『タッチ!あそベビー』アプリ画面

ページ先頭に戻る