ワオ・コーポレーションは、学習塾運営をはじめとする教育事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。

プレスリリース

【WAO!】夏休みは心揺さぶるアニメで感動体験を!日本経済新聞・全国版の5段広告で、ワオ製作のアニメ映画を紹介しました。

2015/08/07

4月に、「あれもこれも『ワオ!』」のキャチフレーズで始まった、日本経済新聞全国版の5段広告。毎月、当社の事業をピックアップしてご紹介しています。
夏休み真っ只中の8月は、当社製作のアニメ映画をご紹介しました。

学力はもちろん「心の教育」も重視する当社では、子どもたちの豊かな心を育むことを目的に、社長自らが監督・脚本を務め、家族で楽しめるアニメ映画を製作。劇場公開しました。ひたむきに生きる人物を描いた作品は、国内はもちろん、海外でも高く評価され、アジアやフランスなどの映画祭で賞を受賞!現在は、インターネットやDVDでも視聴いただけます。

■インターネットでの視聴はコチラから
→「ファミリー映画館」http://film.wao.ne.jp/

■DVDのご購入はコチラから
→「ワオショップ」
http://shop.wao.ne.jp/ws/item/index.php?sc=00001&pc=20000&cc=22000

-----------------
作品情報    
-----------------

<NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞>
江戸〜明治の激動期に、津軽三味線を生んだ一人の男の、少年から青年期の物語。
◆第10回ソウル国際アニメーションフェスティバルSICAF2006(韓国)【長編映画部門 グランプリ受賞】

<ふるさと-JAPAN>
昭和31年、特攻隊で死んだ兄の遺志を継いで、童謡を歌い継いでいこうとした先生と生徒の物語。
◆第12回リヨン・アジア映画祭(フランス)【アニメーション部門1位】【子ども映画部門1位】

<8月のシンフォニー-渋谷2002-2003>
原作はシンガーソングライター川嶋あいの「最後の言葉」。路上で歌うアイの孤独な戦いと、それを支えた若者たちの物語。
◆第15回リヨン・アジア映画祭(フランス)【アニメーション部門2位】【子ども映画部門3位】

<ギュメ寺は祈っている>
地鳴りのような読経の声。目を見張る曼荼羅(マンダラ)。少年僧の祈りと学び。ギュメ寺の再興と支援を持続し続ける、ひとりの日本人を追った長編ドキュメンタリー作品。

――――――――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワオ・コーポレーション
戦略広報室(担当:上木原・秋元)
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-5-14 WAO第2ビル
TEL:06-6377-8760
――――――――――――――――――――――――――――――――
【ワオ・コーポレーションについて】
ワオ・コーポレーションは能開センターなど学習塾運営をはじめとする教育事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。

◆教育事業
[学習塾]能開センター・個別指導Axis・スタッド学習教室
[オンライン学習(ワオネット)]ワオ!のオンライン個別指導・ワオスタディー・スーパー講師映像講座・ワオ資格カレッジ・ワオっち!
◆エンターテインメント事業
[アニメ・CG・映像制作][声優・MC・シンガーソングライター養成][インターネット放送局]
◆ソリューション事業
[学士力支援][就業力支援]
◆ライフサポート事業
[ペット関連サービス]ドギーズ神戸
[健康推進サービス]ワオ・スポチャンクラブ

【ワオ・コーポレーションコーポレートサイト】
http://www.wao-corp.com
NITABOH 仁太坊-津軽三味線始祖外聞
ふるさと-JAPAN
8月のシンフォニー-渋谷2002-2003
ギュメ寺は祈っている

ページ先頭に戻る