ワオ・コーポレーションは、学習塾運営をはじめとする教育事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。

教育

東京大学・教育学研究科の「未来の教育実践勉強会(9/30開催)」で、ワオが取り組む佐賀県武雄市の"反転授業"について、プロジェクトリーダーの和田がお話ししました。

2015/10/01

IMG_2803.jpg

反転授業とは、子どもたちが、先に自宅でタブレットを使って予習を行い、授業では発展・応用問題に取り組む学習スタイル。アメリカから広がり、日本でも有用性が注目されています。
ワオは、その反転授業用の予習コンテンツを、武雄市とともに制作しています。

勉強会では、反転授業の成果やコンテンツ制作の苦労・問題点と、それを克服することによって生まれる可能性について説明。
"予習をしない子ども"や、"予習が難しい家庭環境の子ども"への対策について、専門的な意見も飛び交うなど、東大生の関心の高さが伺えました。

IMG_2924.jpg

東大の小国喜弘教授からも、「反転授業の難しさと可能性を知ることができ、貴重な体験となった」と好評でした。

◎ワオが推進する公教育改革への取り組みはこちら
http://www.wao-corp.com/company/efforts.html

ページ先頭に戻る