新たな教育を”生み出す”仕事

総合職の仕事

少数精鋭のチームで、
「学び」に関わる
様々なプロジェクトを進めます。

 教育×ゲーム、デジタルとリアルの融合など、様々な切り口で教育コンテンツの企画・開発を行うほか、全国で使われている教材やツールの開発などを行うのが主な仕事です。少人数のプロジェクトチーム単位で仕事を進めていくため、若手であっても大きな裁量を持ち、企画、マーケティング、営業、広報など、幅広い業務にチャレンジできるのが特徴です。システム開発職や教育サービス部門など他の部署と連携しながら、実際に頭と手を動かし、全国・全世界に通用するサービスを作っていきます。

総合職の一日

  • 9:20

    出社

    9時30分から始業のため、少し早めに来て1日のスケジュールや重要な社内連絡がないかどうかをチェックします。
    9時30分からは10分程度、チームでミーティングを行い、情報を共有します。

  • 11:00

    他部門との打ち合わせ

    企画中の新サービスについて、システム開発部門とミーティング。サービスでやろうとしている内容が既存の生徒管理システムとの連携や運用面で実現可能かどうか意見を交わします。

  • 12:30

    ランチ

    出社が遅めで朝ゆっくり時間をとれるため、基本的にはお弁当を作って持ってきていますが、週に1回程度は他部署のメンバーと外にランチに出て交流しています。

  • 13:30

    デスクワーク

    メールへの返信や経費精算などの事務作業を行います。塾部門の始業が午後からのため、相手によってメールを送る時間帯を変えています。

  • 15:00

    チームミーティング

    週に1、2度は、進捗報告や方向性の確認のためにチーム内でミーティングを行います。企画内容についてアイデア出しを行うときには、新入社員であっても遠慮なく意見を言うことが大切です。

  • 18:00

    退社

    翌日のToDoリストをまとめてから退社します。大阪本社から梅田までは歩いてすぐなので、帰りは本屋さんや百貨店に寄ってから帰ることもあります。