新たな教育を”生み出す”仕事

システム開発職の仕事

学習システムから動画配信まで、
幅広いシステムの企画・開発を行い、
ワオの基幹を支える仕事です。

 社内全体で利用する基幹システムやオンライン学習教材のシステムを企画・開発する仕事です。ワオでは様々な事業を展開しているため、塾のシステムだけではなく、動画配信サイトやECサイトなど、幅広い種類のシステムの開発を担当しています。
 開発の上流工程から下流工程、リリース後のサポートまでを担当しますので幅広く知識、技術力を身につけることができます。社内SEとしてプログラムを組むだけではなく、システムに対する社内のニーズを聞き取っていくことも重要な仕事ですので、他の部署とコミュニケーションを取ることも業務の要です。

システム開発職の一日

  • 9:30

    出社

    複数の案件を同時に進めるため、電車の中で優先順位を考えてその日に行う作業を整理して出社します。
    出社後はシステムが正常に稼動しているかの確認とメールや掲示板のお問合せ内容の確認を行います。

  • 10:00

    問合せ対応

    システムに関するお問合せを受け、ご要望のヒアリングやシステムの改修、データの抽出、などの対応を行います。 内容によっては問合せ対応で1日が終わることもあります。

  • 12:30

    お昼ごはん

    会社が中崎町という隠れ家的カフェで有名な場所にあるので週1回は自分へのご褒美のためいろんなお店のランチを食べに行きます。普段は自席やオープンスペースで先輩方とお弁当を食べています。

  • 14:00

    打合せ

    必要に応じてシステム依頼元部署へのヒアリングや案件のスケジュール管理、課題共有などを行います。

  • 15:00

    企画・開発

    システムの仕様が固まるまでの間は要件の分析とシステムの設計を行い、打合せにて使用する資料を作成します。
    システムの仕様が固まってからはサーバー構築やプログラミングを行い、システムを作成します。

  • 18:30

    退社

    緊急の案件や開発スケジュールに遅れがない場合はほとんど定時で退社します。