ワオ・コーポレーションは、学習塾運営をはじめとする教育事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。

トップメッセージ ~ワオのこれから~

「教育のイノベーション」と「サブカルチャーの世界戦略」を民間の手で―

当社は創業12年目の1988年に店頭公開し、36年目の2012年に非上場企業となりました。株主の皆さまには、ご迷惑をお掛けしたわけですが、あえてこの非上場の道を選んだ理由は二つあります。国内外に広がるビジネスチャンスに、創業の原点に立ち返り、思い切った大きなチャレンジをしたかったこと。また、その実現のために社員の中に広まってきた、いわゆる「大企業病」を払拭し、イノベーションを敢行したかったこと。
そしてこの間、当社は事業領域を〈 Education & Entertainment 〉と定め、次の二つのミッションを掲げてきました。

1 真の教育・文化立国「日本」の創出に寄与します。 2 良質のコンテンツを広く配信し、「世界」の人々に “夢” と “感動” を提供します。

①について、当社を含めた私塾は、受験や補習の面で学校を補完するという一定の役割を果たしてきました。しかし今日の状況は、真のリーダーが育たないばかりか、やる気に欠け、基礎学力が不足している若年層の増加など、教育の混迷は深まるばかりです。もっと面白く、もっと刺激的な、もっと社会に出てから役立つ教育プログラムを、もっと安価に、生徒一人ひとりに提供できないか。当社がすすめるeラーニング(ネットによる在宅学習システム)は、それを実現する有力な方法であり、開発のキーワードは「リアルとネットの融合」「教育とゲームの融合」「教育とエンタメの融合」ではないかと考えています。

②について、当社は2000年から10年間で3本の長編アニメ映画を製作し、世界の映画祭で高い評価を受けてきました。マンガ、アニメ、キャラクターといったいわゆるサブカルチャーが世界中で人気を博している背景があったと思われます。秋葉原や原宿などの若者のファッション、さまざまなグッズを含めたオタク文化は、従来の日本の伝統文化以上に世界の若者から支持されているのです。当社は、アニメや多様な教育系コンテンツとともに、良質のオタク文化をインターネットで世界に発信していきたいと考えています。
これら二つのミッションの実現を目指して中長期的な視野に立ち、さまざまな企業、大学、自治体の皆さまと連携ができればと願っています。

株式会社ワオ・コーポレーション
代表取締役社長
西澤 昭男

KEY WORDS

「リアルとネットの融合」

映像やアニメなどのコンテンツによる在宅学習が進んでも、時には教室で、時にはTV会議や電話で先生の指導やアドバイスが受けられるシステムが必要です。

「教育とゲームの融合」

勉強は嫌がるけれど面白いゲームに夢中になる子どもは多くいます。教育系コンテンツにもゲーム的な要素を取り込み、魅力ある内容にすべきです。当社が現在配信中の知育アプリシリーズ「ワオっち!」はそうした考えのもとに開発されました。

「教育とエンタメの融合」

現在、多くの学習教材がマンガ化されています。電子出版が進み、アニメやCG、声優や音楽を使った高品質のコンテンツも出てくるでしょう。「覚える」ことが中心の教育を、「感動」や「考える」ことが中心の教育に変えていく際、エンタメの効果は大きいはずです。

感動を創造する取り組み

ページ先頭に戻る